診療科目-内視鏡内科

内視鏡内科

そもそも、消化器系だけでも、
「胃腸科」「消化器内科」「大腸肛門科」「内視鏡内科」・・・などなど、
似たような、細かい診療科目が多過ぎるのが、みなさんを混乱させている原因だと思います。

じつは、これらは基本的にはほぼ同じものになります。

ひとくくりにすると、「消化器内科」となりますが、一般の方にもイメージしやすいように、それぞれの臓器や検査別に名前を変えただけです

 

「消化器系:おなかの内臓」は、
口~肛門まで続く1本のトンネル(消化管:食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)と、
それ以外の肝臓・胆のう・膵臓(頭文字をとって肝・胆・膵:「かんたんすい」とよぶ)の2つに分かれます。


まとめますと、このようになります。

内視鏡内科



つまり、
とても大きな内科という領域のなかの1つに 消化器内科があり、
さらにそれが消化管 肝胆膵 に分かれ、
各々を検査するのが内視鏡(胃・大腸カメラ)腹部エコーです

そして、
この消化管の内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)と、肝胆膵の腹部エコーが、当院でも可能な主検査になります。

どちらも広く一般的に行われている検査ではありますが、実は非常に奥が深く、医療従事者の私たちから見ると、その道のエキスパートとそれ以外のものとでは、その検査精度に雲泥の差がある検査でもあります。

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・大腸ポリープ切除(日帰り)

*鎮静剤を使用した無痛内視鏡(眠ってのカメラ)をお勧めしています.
予約なし(飛び込み)の胃カメラ検査にも対応致します(※大腸は要予約).
*胃カメラ+大腸カメラの同日セット検査も可能です.
*切除可能な大腸ポリープがみつかった場合、その場でポリープ切除(日帰り手術)を行っています.
*最新の細径カメラ、拡大NBI装置、大腸用トイレ付個室、CO2ガスなどの専門設備完備.

  • 胃カメラ画像
  • 大腸カメラ画像

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

<おすすめしたい方>   ※3つ以上あれば要注意!!(特に太字)

■胃もたれ・胃不快感が続き、すっきりしない
■胃が痛い(みぞおちの痛み)
■げっぷが多い
■おなかが張る(あまり食べれない)
■胸やけがする、胸が痛い
■のどや、胸がつまったような感じがある
■からだがダルく、きつい
■朝、口のなかが苦い・酸っぱい(ときどき胃酸が上がってくる)
肥満傾向・糖尿病がある
便が黒い(海苔の佃煮の様な便)
胃潰瘍・十二指腸潰瘍になったことがある
■ピロリ菌が気になる
■家族にピロリ菌陽性者がいるが、一度も検査したことがない
ピロリ除菌成功後、定期的に検査していない
血縁者に胃ガンあり(家族歴)
35歳以上で、まだ一度も胃カメラ・胃透視(バリウム)を受けたことがない
■検査は受けていないが、胃ガンが心配
ダイエットなしに体重が減った(周囲から痩せたといわれる)
吐き気がある、食後に吐いてしまう
おなかにしこりを触れる
■たちくらみがする (貧血ぎみ)
■たばこを吸う
■毎日お酒を飲む
■お酒を飲むと顔が赤くなりやすい
■しょっぱいもの、辛いものが好き
■原因不明のせきが続く
■最近、ぜんそくが悪化してきた

麻酔薬のうがい/氷を舐めるなどで咽頭麻酔をかけたあと、口からカメラを入れて、咽頭・喉頭、食道、胃、十二指腸を観察します。

のどを通る時がいちばんきついですが、鎮静剤を使用すれば、
「気付いたら終わっていた」と言われる方がほとんどです

胃カメラ


みつかる病変このように、炎症性(荒れている)か、腫瘍性(できもの)に分かれ、合わせて器質的病変といいます。

病変

そして、
実は、なにも器質的病変が見つからないことでわかる病気もあるんです

たとえば、機能性胃腸障害(FD:functional dyspepsia)などです。
これはなにも病変がないのに前述したような症状が出現するもので、胃腸の動き・胃酸の出方などの内臓機能異常が原因といわれています。
昔でいう「自律神経失調症」で、意外にこれが消化器系でいちばん多い病気だったりします。

また、狭心症(心筋梗塞の前段階)の症状を消化器症状とカン違いしていて、胃カメラで何もなかったので心臓を調べたら、心筋梗塞の一歩手前だった・・・ということもあります。

 

つまり、
胃がんや潰瘍などがみつからなくても、
何もないことを確実に証明することができるため、
次のステップへ進む(疾患を絞り込む)ことができるのです


『除外診断』という考え方で、診断を進める上で、これが非常に重要です!!

患者さんにとっては「病変がないことを証明すること」は精神衛生上、大きな意味合いがあります

実際、胃ガンがないとわかっただけで、症状が消えてしまう方もたくさんいらっしゃいます。

  • 胃カメラ画像
  • 大腸カメラ画像

【ピロリ菌】:当院はピロリ菌除菌を推奨しています

芸能人やマスコミの影響もあり、最近ではお問い合わせも多く、一般の方もピロリ菌に高い関心があるようです。

ピロリ菌は持続感染することにより、胃酸の分泌に影響を与えて胃炎を起こして、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、鳥肌胃炎、胃MALTリンパ腫、胃過形成性ポリープなどの原因になる ことがわかっています。

胃ガンの発生機序


日本ヘリコバクター学会によると、
ピロリ菌がいない胃から発生する胃がんは1%未満とのことです。

つまり、
99%以上のほとんどの胃がんは「ピロリ菌」と関連して発症すると考えられています。

そこで、
発ガンの原因であるピロリ菌を消してしまうことで、胃がんの発症・再発を減らそうという治療が、『ピロリ菌の除菌療法』です。

除菌療法は、3つのくすりを1週間飲むだけです。
2013年からは胃カメラをして、ピロリ菌が証明されれば2回目までは健康保険を適応して治療することができるようになりました。


ピロリ菌は5歳までの小児期に両親(口移し、同じ箸で食べさせるなど)・井戸水などから感染するとされ、日本人のピロリ菌感染率は50歳以上では80% と、高率といわれています。

30-40歳代の若い女性の胃ガン(鳥肌胃炎+未分化癌)にも関係しているとされ、若いうちからの除菌療法が推奨されています。同学会では今後、小学校の検診尿検査でピロリ検査をすることなども検討中のようです。

(※私は同学会のピロリ菌感染症認定医であり、早期のピロリ菌の除菌治療に力を入れておりますので、いつでもご相談下さい。)

  • 胃カメラ画像
  • 大腸カメラ画像

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

<おすすめしたい方>   ※3つ以上あれば要注意!!(特に太字)

最近便秘がひどくなった、便が細長くなった
ティッシュに血がつく、血便がでる
■おならがたまって、おなかが張る
下痢・便秘を繰り返す
血縁者に大腸癌あり(家族歴)
■最近、痔が悪くなってきた
40歳以上で、1度も大腸カメラ・便潜血検査を受けたことがない
野菜・魚よりも肉をよく食べる、ジャンクフードなど欧米型の食生活
肥満傾向・糖尿病がある
■たばこを吸う
■毎日酒を飲む
食欲が出ず、体重が減った(周囲から最近痩せたといわれる)
おなかにしこりを触れる
■あまり運動していない

 

前処置として、液体の下剤を約1.0~1.5L飲んで(これが少しつらいです)、おなかの便をきれいに出し切った状態で、肛門からカメラを入れ、大腸のさらに奥である小腸の一部まで入って、そこからUターンして病変をさがしながら肛門まで戻ってきます。

通常は、詳細な観察や、ポリープの治療などはすべて、Uターンしたあとの帰りみちで行います。

大腸カメラ

もともと便秘症の方は便がなかなかきれいにならず、検査開始・終了が遅くなる傾向があるため、約1週間前からあらかじめ軽い下剤を飲み始めてもらいます。
(※そうすることで、検査開始・終了が1時間以上は早まります)

また、当院ではプライバシーに配慮し、リラックスして前処置を受けていただけるように、トイレ付きの個室を2部屋ご用意しています。人目を気にせず、TVやスマホ・タブレット(Wi-Fi完備)などで時間を潰しながら、ゆっくりと前処置を受けられてください


大腸カメラは他の検査に比べてつらい検査だと思われがちですが、様々な工夫がなされ、以前よりはずいぶん楽に受けれるようになっています。

たとえば、
当院では検査時に空気の代わりに『炭酸ガス』を使用しておりますので、空気の場合に比べて、検査後のおなかの張りがほとんどなく、実際に検査を受けられた患者さんからも「以前受けた検査と全然ちがう!」とよくお聞きします

また、
痛みに敏感な方や、過去におなかの手術を受けて、腸が癒着(くっついてかたまる)してしまっている方には、通常のカメラで検査すると痛みが出やすいため、最新の細くて柔らかいカメラを使用しています。

こちらも、「これまでで一番楽だった」と好評ですので、以前ツラい経験がおありの方はぜひ御相談下さい

大腸カメラに関しても鎮静剤使用での無痛検査をお勧めしています。

 

現在、他の検査(バリウムを使った注腸検査、CT・MRI・カプセル内視鏡など)で代用しても、病変を疑う所見があれば、病変を実際に目で見て確認し、確定診断のために病変から組織を採取(生検病理診断)をするために、その後に必ず大腸カメラをすることになります

さらに、後述する大腸ガンの「芽」である大腸ポリープを治療することもできるため、
現状では大腸ガンの「診断・予防」に関して、大腸カメラよりもすぐれた検査法は確立されていません

 

みつかる病変としては、下記のようなものがあります。
「炎症性腸疾患」とは、潰瘍性大腸炎・クローン病に代表される、慢性的に繰り返す特殊な腸炎です。

大腸カメラ

  • 胃カメラ画像
  • 大腸カメラ画像

大腸ポリープ切除(日帰り)

大腸ガンのほとんどは「大腸ポリープ」から発生してくるといわれています。

ということは、
発ガンを予防するためには、
「大腸ガンが出てくる(ガンになる)前に、大腸ポリープを治療すればいい」
ということになります。

胃ガンの「ピロリ菌の除菌」と同じ考え方で、
大腸ガンの場合、それが『大腸ポリープ切除』です


当院では、私がその場で治療可能と判断した病変については、そのままポリープを切る治療(日帰り大腸ポリープ切除)を行っています



大腸ポリープ切除

治療適応の判断・処置については慎重に行いますが、偶発症として、出血・穿孔(腸に穴が開く)等の可能性があり、場合によっては、数日間の入院・外科的手術(開腹手術)が必要になることもあります。その際は、適切な医療機関へご紹介いたします。

また、当院で治療困難と判断した症例については、
ご了承いただければ、連携施設である済生会二日市病院へ紹介し、水曜午後に非常勤医師として、私自身が直接、治療を行うことも可能です


近年、大腸ガンは増加傾向にあり、その死亡率は、男性では肺がん・胃がんに次いで3位ですが、女性では肺がん・乳がんを抑えて、ついに「1位」になりました。

以前は大腸カメラを避ける傾向にあった女性も、大腸カメラを受ける機会が増え、その結果、大腸ガンと診断される機会が増えたことも要因のひとつと考えられています。

すべてのガンについて言えることではありますが、
私は大腸ガンこそは、最も早期発見が重要なガンだと思っています。

なぜなら、
大腸ガンは、 他のガンと比べて、悪性度が低いものが多いからです
その進行が緩やかで、転移なども比較的遅いガンです。
早期ガンの早い段階であれば、ほぼ確実に根治することができます

つまり、
大腸ガンは、早く見つけてしまえば
「死なないガンのひとつ」
なのです!!


(※当院ブログにも詳細を記載しておりますので、ご興味のある方はコチラもご参照下さい)

特に自覚症状がなくとも、40歳以上の方には大腸ガン検診(便潜血検査・大腸カメラ)を受けることを強くお勧めします

  • 胃カメラ画像
  • 大腸カメラ画像

全身エコー】:当院では定期的にエコー専門検査技師よる全身エコー検査を行っています

「全身エコー」とは、
体表から観察可能な全領域(腹部・心臓・頸動脈・下肢(足)血管・甲状腺・乳腺)のエコー検査です。

検査部位については、原則として、1回の検査につき、1部位までとなりますが、現行の保険診療では、例外的に「心臓エコー」のみは他の1部位と組み合わせて、2部位までの同日検査が可能です。

(※たとえば、「腹部+頸動脈エコー」は同日検査はできませんが、「心臓+腹部エコー」や、「心臓+頸動脈エコー」は同日検査が可能です。)

エコー検査は簡便(基本的に前処置不要)で、からだの負担も少ないため、健康診断などでよく行われている大変便利な検査ですが、検査を行う術者によって、その精度が大きく異なるのが特徴です。

当院では、定期的にエコー専門検査技師による全身エコー検査を行っており、
このようなプロ中のプロが検査すれば、時にはCT・MRIなどを凌ぐ精度をもつ
こともあります。

しかし、
その一方で、どんなに熟練した術者が検査をしても、拾いきれない病変があるのも特徴のひとつです。例えば、よく「膵臓がんはみつかりにくい」といいますが、通常、膵臓は、その1/3~半分程度しかみえません。

腹部エコー

主に肝臓・胆のう・総胆管・膵臓や、脾臓・腎臓や骨盤内臓器(膀胱、前立腺/子宮・卵巣)、条件が良ければ消化管(胃・十二指腸・小腸・大腸)などもある程度観察することができます。

よくみつかるものとして、脂肪肝、胆石、急性虫垂炎(俗にいう盲腸:もうちょう)、腹水貯留、腸閉塞(イレウス)、胆のうポリープ、尿路結石などがあります。
大きければ、胃ガンや大腸ガンなど(ほとんどが進行ガン)が見つかる場合もあります。
腹部エコー

心臓エコー

主に心臓のポンプ機能(心機能)、心臓の動き・形態、血流・流速、心臓弁の動き(弁膜症)などを評価します。

心不全、心筋梗塞、狭心症、弁膜症(狭窄・閉鎖不全)などがわかります。

心雑音・心電図異常・不整脈・前胸部痛のある方や、 心臓病のハイリスク群である糖尿病・高脂血症(高コレステロール血症)・高血圧・ヘビースモーカー・肥満・心臓病の家族歴がある方は一度検査をしておくと安心です。

日常診療では、動脈硬化の程度を血管年齢検査(心電図検査時に測定)や、後述する頸動脈エコーで評価したあとに検査することも多いです。

頸動脈、大血管、下肢(足)血管エコーー

糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症)、高血圧、肥満、喫煙などに伴い、どの程度血管がいたんでいるか直接、血管を見て評価します。

具体的には大きな動脈の内側に「プラーク」というゴミがどれだけついているか(動脈硬化)、血管が狭くなっているところはないか(動脈狭窄)などを見ます。

そのような所見があれば、
無症状でも(通常、血管系の病気は何の前触れもなく、いきなり起こります!)、

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)心筋梗塞・狭心症などのリスクが数十倍上がりますので、治療・予防が必要になります。

また、しばらく歩くと足がダルくなってきて、しばらく休むとまた歩けるようになるような場合は、足の動脈がつまりかけていることがあり、その場合は下肢動脈エコーで評価します。
頸動脈、大血管、下肢血管エコー

甲状腺エコー

甲状腺機能異常の症状(身体のダルさ、体重減少、頻脈、多汗、暑がり・寒がり、足のむくみ、前頸部の腫大、眼球突出など)をきっかけに、甲状腺の大きさ・形態、その血流や腫瘍(できもの)などをみます。

甲状腺機能亢進症(バセドー病)、甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎、橋本病)などがわかります。
また、腫瘍性病変(甲状腺がん、甲状腺腺腫)などが見つかる場合もあります。
甲状腺エコー

乳腺エコー

乳房の「しこり」などをきっかけに乳ガンなどを調べます。

最近は若い方の乳ガンが増加傾向にあるので、20代・30代の若い方でも、乳ガンの家族歴がある方、胸にしこりがある方、症状はなくても心配な方にはお勧めします。

一般的に若い方のガンは進行が早く、予後不良ですから、早期発見できるかどうかが運命の分かれ道となります。
しこりがあっても、ガンではない良性の腫瘍(できもの)であったり、リンパ節が腫れているだけのこともあります。
乳腺エコー


大腸カメラ検査の流れ

保険種別 3割負担の方
胸部レントゲン(1枚)  630円
腹部レントゲン(2枚)  860円
心電図 390円
血管年齢(血圧脈波) 330円
肺機能年齢 270円
骨密度測定 440円
採血(CBC、生化学) 1,800円
腹部エコー 1,600円
心臓エコー  2,700円
頚動脈・甲状腺・乳腺・下肢静脈エコー 1,100円
ピロリ菌検査(尿素呼気検査) 1,600円
胃カメラ 生検なし 4,000円
生検あり 7,000 ~ 11,000円
ピロリ菌検査あり 5,000円
大腸カメラ 生検なし 5,300円
生検あり 9,000 ~ 16,000円
ポリープ切除 18,000 ~ 23,000円
胃カメラ+大腸カメラ
(同日セット検査)
10,000 ~ 35,000円

★上記の金額はあくまでも目安となる検査の金額で、増減致します。
★初診/再診、処方薬、検査・治療部位の数や、使用する薬剤などにより異なります。   
 例)初診で胃カメラ(鎮静・ピロリ検査あり):6,150円
★会計窓口にて、クレジットカードでの精算・お支払も可能です。  
(JCB、VISA、Master Card、AMERICAN EXPRESS、Diners Club INTERNATIONAL、DISCOVER)

健診メニュー
問診票のダウンロード
採用情報
内視鏡画像
患者様の声

最新情報

クリニック情報

さかい胃腸・内視鏡内科クリニック

医療法人
さかい胃腸・内視鏡内科クリニック


〈診療科目〉
胃腸内科、内視鏡内科、肝臓内科、小児科、ペインクリニック外科、漢方内科

〈診療時間〉
月~金 9:00~12:30 14:00~17:30
土 9:00~14:00 日曜/休診日

〒841-0201 佐賀県三養基郡基山町
小倉1059-2
TEL: 0942-92-1121

「ホームページを見て」とお気軽にお電話ください。0942-92-1121

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:30
9:00~14:00

●水曜午後は院長不在、●木曜午後は副院長不在
◎土曜は14時まで(胃カメラ・大腸カメラは可)
〈診療科目〉胃腸内科、内視鏡内科、肝臓内科、小児科、ペインクリニック外科、漢方内科

▲ページTOPへ